日本で唯一の手作りふうせん

マルサバルーン

ふうせんは何からできているか知っていますか?

実はゴムの木の樹液である、天然ゴムなんです。
主に東南アジアで、力強い太陽の力と恵みの雨に育まれ育ったゴムの木から採れる真っ白な樹液が原料なんです。だから、土に還るのです。



昔ながらの製法を守って

昔は日本にもいくつかあったふうせん工場は、だんだんと姿を消しました。人件費の安い外国で、大きな機械で、大量生産する方式が主流となったからです。今では日本で唯一になりましたが、ふうせんを手作りしている工場があります。ふくらませやすさと、やわらかい手触りは手作りのふうせんだからできること。



ふうせん職人によって作られる
marusa balloon

千葉県銚子市にある手作りふうせん工場。「ふうせんには夢があるし、なにより子供達の喜ぶ顔を見るのが大好き」と語る職人の作りだすふうせんにはその人柄が表れています。



マルサ斉藤ゴム
———————————————————————-
株式会社 マルサ斉藤ゴム
〒131-0041
東京都墨田区八広1-16-26
http://www.maru-sa.co.jp/