旬のズッキーニと“ARITA JIKI plate & bowl”を使った3レシピ

LIFE

2021.6.23|KONCENT STAFF

ズッキーニ ラタトゥイユ

夏はトマトやキュウリ、ナス、ピーマンなど、実を食べる果菜類が豊富な季節です。今回は、夏野菜として日本の食卓に定着しつつあるズッキーニのレシピをご紹介。「薄切りズッキーニとジャガイモのオーブン焼き」「ズッキーニとオイルサーディンのピザ」「冷製ラタトゥイユ」の3品です。ARITA JIKIのplate & bowlを使った便利な調理法・保存法を、ぜひお試しください。

 

ズッキーニの旬

ズッキーニの旬は、6月から8月。ウリ科の野菜でキュウリに似ていますが、カボチャの仲間です。ナトリウムを排出する作用のあるカリウムが豊富なので、むくみを防ぐ効果が期待できます。ほか、ビタミンCやβカロテンなどの栄養素を含んでいます。ピーラーなどで薄切りにして塩もみすると、生でもおいしくいただけます。花は「花ズッキーニ」と呼ばれ、イタリアでは定番のエディブルフラワー(食用花)です。

 

レシピ①薄切りズッキーニとジャガイモのオーブン焼き

材料(1皿分)
ズッキーニ 2/3本〜1本/ジャガイモ 1個/パルメザンチーズ(粉チーズ)大さじ3/オリーブオイル少々/塩少々/クミンシード(ホールタイプ)少々

道具
ARITA JIKI plate LL
+d Happy Bird

作り方
ARITA JIKI plate LLに+d Happy Bird(スクレーパー&ブラシ)を使って、オリーブオイルを塗ります。

ズッキーニ レシピ

 

②スライサーなどで薄切りにしたズッキーニとジャガイモに塩を少々加え、ARITA JIKI plate LLに並べ、上からパルメザンチーズとクミンシードをかけます。

 

③170度に予熱したオーブンに入れ、約20分焼けば出来上がり。

ポイント
ARITA JIKI plate & bowlは耐熱強化磁器なので、オーブン調理もOK。アツアツのまま食卓へ並べることができます。

 

レシピ②ズッキーニとオイルサーディンのピザ

ズッキーニ ピザ ピッツァ

材料(1枚分)
ズッキーニ 1/3本/オイルサーディン 1缶(10尾ぐらい)/ピザ用とろけるチーズ(またはモッツァレラチーズ)/マッシュルーム 3個/ニンニク 1片/ピザソース 大さじ3/アンチョビペースト 小さじ1/オリーブオイル少々/バジル(お好みで)

<ピザ生地2枚分>※ご使用のホームベーカリーのレシピに準じて調整してください
強力粉180g/全粒粉100g/バター15g/砂糖 大さじ1/スキムミルク 大さじ1/塩 小さじ1/水 180mL/ドライイースト 小さじ1/薄力粉(打ち粉用)適量

道具
ARITA JIKI plate LL
h tag cutting mat L
+d Happy Bird
EAトCO Hasamu S


作り方
①ホームベーカリーで発酵させたピザ生地を、打ち粉をしたh tag cutting mat Lの上に出し、+d Happy Bird(スクレーパー&ブラシ)を使って、半分に切り分けます。

ズッキーニ ピザ ピッツァ

 

②中心から外側へ生地を伸ばします。

ズッキーニ ピザ ピッツァ

ポイント
cutting mat Lは、広げると40×40cmのビッグサイズ。ピザやパン、クッキーなどのスイーツ作りに便利です。半分に折り畳めるので、コンパクトに収納できます。

 

Happy Bird(スクレーパー&ブラシ)でオリーブオイルを塗ったplate LLに生地を広げます。

ポイント
plate LLは直径27.3cmで、市販のピザクラスト(直径20〜22cm)にもちょうどいい大きさ。また、宅配ピザMサイズ(直径23〜25cm)のリベイク(再加熱)にも便利です。

 

④ピザソースにアンチョビペーストを混ぜ、生地に塗ります。その上に、スライスしたズッキーニ、マッシュルーム、ニンニク、そしてオイルサーディンを並べます。

ズッキーニ ピザ ピッツァ

ポイント
EAトCO Hasamu Sは、小さな食品をやさしく挟めるので、細かな盛り付けや取り分けに便利です。

 

⑤とろけるチーズをかけて、280℃に予熱したオーブンに入れ、約7分焼けば完成です。

ズッキーニ ピザ ピッツァ

 

レシピ③冷製ラタトゥイユ

ズッキーニ ラタトゥイユ

材料
ズッキーニ 1本/ナス 1本/黄色パプリカ 1個/タマネギ 1/2個/カットトマト缶詰 1缶/ニンニク 1片/固形スープの素 1個/塩コショウ少々/エクストラバージンオリーブオイル少々

道具
ARITA JIKI bowl LL
ARITA JIKI plate LL
ARITA JIKI kakiguro bowl S black


作り方
①ズッキーニとナスは2cm幅の半月切りに、パプリカとタマネギは2cmの角切りに、ニンニクはみじん切りにし、bowl LLに入れます。固形スープの素とカットトマトを加えます。

ズッキーニ ラタトゥイユ

 

plate LLでフタをして、電子レンジ(600W)で約10分加熱します。

ズッキーニ ラタトゥイユ

 

③電子レンジから取り出し、エクストラバージンオリーブオイルを加えて混ぜながら、塩コショウで味をととのえます。フタをして冷蔵庫で冷やします。

ポイント
bowl LLにplate LLがピッタリ重なり、フタとして使用できます。ラップが不要で、サラダや作り置きのおかずの冷蔵保存に便利です。また、スタッキングも可能でスペースを有効に使えます。上の写真は下がLL、上がLです。

kakiguro bowl Sに取り分けてお召し上がりください。

 

ズッキーニのレシピ、いかがでしたでしょうか。ラタトゥイユは、夏の常備菜として作り置きしておくと、パスタソースやピザソースに応用することもできます。ARITA JIKI plate & bowlは、各サイズでplatebowlにピッタリ重なって、フタ付き容器として冷蔵保存に活用でき、さらにそのまま電子レンジで再加熱することもできます。作り置きや、夕食のおかずの残りを冷蔵保存するのに便利です。ぜひ、セットでお試しください。

 

 

ARITA JIKI pot dishを使った
「ソラマメとタコのアヒージョ」の
レシピはこちら >>