セット使いが便利! ARITA JIKIの時短レシピ

LIFE

2021.8.5|KONCENT STAFF

ARITA JIKI 有田焼 耐熱セラミック

今回は、ふだん使いの器としてぜひおすすめしたい、ARITA JIKI plate & bowlを使った時短レシピをご紹介します。ARITA JIKI plate & bowlは、電子レンジ、オーブン、食洗機の使用がOK。通常の磁器の約2倍の強度がある耐熱強化磁器なので、割れにくいのもうれしいポイント。単体での使用はもちろん、各サイズ、plateとbowlの直径が同じなので、セット使いにするとより便利です。

bowlで調理して、そのまま冷蔵庫へ入れられたり、そのまま食卓へ並べられるので、洗い物が減らせます。ARITA JIKI plate & bowlは、デザインが美しいだけではなく、調理や洗い物の負担を軽減できるラク家事食器なのです。夏休み中の昼食など、パパッと済ませたい時にも便利ですよ。

 

冷やご飯や常備菜の保存に

ARITA JIKI 有田焼 耐熱セラミック

余ったご飯の保存にARITA JIKI plate & bowlが便利! bowl Mには約2合分入り、ラップ要らずで冷蔵保存できます。再加熱する時はそのまま電子レンジへ。冷蔵庫内でスタッキングでき、常備菜や作り置きの保存にも便利です。

 

冷やご飯を使ったカルボナーラライス

ARITA JIKI 有田焼 耐熱セラミック

材料
冷やご飯 お茶碗2〜3杯分ぐらい/角切りベーコン(またはパンチェッタ) 60g/とろけるチーズ  60g/粉チーズ 60g/ 卵 3個/塩こしょう 少々/粗挽き黒こしょう 少々

 

ARITA JIKI 有田焼 耐熱セラミック

作り方
①冷やご飯が入ったbowl Mに、ベーコン、とろけるチーズ、粉チーズを加え、plate Mでフタをして、電子レンジ600Wで約5分加熱します。(ご飯の温度によって加熱時間を調整してください。)

②加熱後、溶き卵を加えて全体を混ぜ合わせ、塩こしょうで味をととのえます。

bowl Sに取り分けて、粗挽き黒こしょうをかければ出来上がりです。

 

もやしのナムル

ARITA JIKI 有田焼 耐熱セラミック

材料
もやし 1袋/鶏ガラスープの素 小さじ2/ごま油 大さじ1/すりごま 適宜

 

作り方
bowl Mにもやし、鶏ガラスープの素、ごま油を入れ、plate Mでフタをして、電子レンジ600Wで約2分加熱します。

②加熱後、全体を混ぜ合わせ、粗熱をとったあと、plate Mでフタをして冷蔵します。

③食べる直前にすりごまをかけてお召し上がりください。

 

ピーマンのナムル

ARITA JIKI 有田焼 耐熱セラミック

材料
ピーマン 4個/鶏ガラスープの素 小さじ1/ごま油 小さじ2

 

ARITA JIKI 有田焼 耐熱セラミック

作り方
bowl Sに細切りにしたピーマン、鶏ガラスープの素、ごま油を入れ、plate Sでフタをして、電子レンジ600Wで約1分加熱します。

②加熱後、全体を混ぜ合わせ、粗熱をとったあと、plate Sでフタをして冷蔵すれば完成。箸休めにおすすめの常備菜です。

 

 

インスタントラーメンにも

ARITA JIKI 有田焼 耐熱セラミック

「今日はとことんラクしたい!」そんな日もありますよね。インスタントラーメン(袋麺)を作るのにも、ARITA JIKI bowl & plateはピッタリなんです。

 

もはや説明不要かと思いますが、bowl Mにラーメンを入れ、卵をのせ、お湯をかけたら、plate Mでフタをして3分待ちます。食べる前にネギをのせて完成です。

 

KONCENTスタッフの間では、豆乳を加えたアレンジ(写真左)や、カレー粉とほうれん草を加えたアレンジ(写真右)も人気でした。

 

ARITA JIKI bowl & plateは「手軽においしいものを食べたい」という想いを叶えてくれる、忙しいあなたの味方です。使ってわかる便利さをぜひ体験してみてください。

 

 

 

ARITA JIKI pot dishを使った
「ソラマメとタコのアヒージョ」の
レシピはこちら >>