梅雨到来!バスルームのカビを防いで、清潔に保つための対策とは

LIFE

2022.6.10|KONCENT STAFF

ハンガーに干せるバスタオル

梅雨のジメジメ天気で気になるのが、カビの発生です。特に湿気の多い浴室はカビの温床になりやすいので、日々の対策が欠かせません。今回は、バスルームのカビを防いで清潔に保つための対策をご紹介します。

 

対策①入浴後すぐに掃除をする

カビの餌となる皮脂や石鹸カスなどの汚れを落とすことで、カビの繁殖を抑えることができます。汚れはためずに、すぐに掃除をすれば簡単にキレイになります。ほんの2〜3分ほどで済みますよ。

tidy『バススポンジ』は、ハンドル付きでラクな姿勢で掃除ができるバスタブ用スポンジ。ミクロブラシ表面の硬い毛がバスタブをしっかりこすり洗いします。

 

tidy『ウォッシュクロス』は、特殊な織りと繊維による表面の細かな凹凸が汚れをしっかりキャッチする掃除用クロス。狭い場所にもフィットして汚れをかき取ります。

 

対策②掃除のあと、水切りをする

カビが繁殖しやすい湿気を防ぐため、バスルームに水滴を残さないようにすると効果的です。スキージーがあれば、壁面の水滴もサッと落とせます。最後に換気もお忘れなく。

tidy『スキージー』は、シリコンゴム製の水切りワイパーです。ハンドルがないので、収納も省スペース。広い壁面の水滴もすばやく除去できます。

 

tidy『ワイプクロス』は、拭き跡を残さず、ピカピカに拭き上げる掃除用クロス。制菌・抗菌防臭効果を発揮する多機能型触媒を使用した加工剤(TioTio)の含浸により、クロスに菌が繁殖しにくく、清潔に使えます。

 

対策③吊るす(浮かせる)収納

シャンプーボトルなどを床置きすると、底に付くぬめりが気になりますよね。掃除する時に移動させるのも手間がかかります。吊るす(浮かせる)収納にすることで、水切れがよくなり、掃除もしやすくなります。狭いバスルームでも空間を有効活用できるというメリットも。

 

バスグッズをまとめて収納できる、kusukusu works『チュウカゴ』と『コカゴ』。浴室内のバーに掛けて使用できます。水切れがよく、ぬめりやカビを防ぎます。床置きしないので、床掃除もラクラクです。

 

RETTO『スクエアペール』は、美しいフォルムの湯手おけ。手おけや洗面器として使えるのはもちろん、ちょっとした洗濯にも便利です。フックに掛けて収納できます。(フックは付属品ではありません。)

 

吊り下げたものを外そうとした時、S字フックがバーから外れて落ちてしまった…。そんなことありませんか? そんな煩わしさを解消してくれるのが、tidy『エスフック』です。先端がフレキシブルに曲がるのでバーに沿わせて固定すれば、外れにくくなります。バスルームの掃除用具などを掛けて収納するのにおすすめです。

 

いかがでしたか? 入浴後すぐの掃除と水切り、そして水切れがよく掃除しやすい “吊るす収納” に変えることでいつも清潔に保つことができ、毎日のバスタイムがリラックスできる癒しの時間になります。ぜひ、実践してみてください。

 

父の日ギフト